TSLA:とりあえずHold

テスラ(TSLA)の株価が昨日も1,900ドルをはさんだ動きで(終値も1,873.53ドル)年初来で350%、過去1年では700%以上の上昇となっている。特にここのところの上昇の要因としてはS&P500への採用の可能性や、8月末に予定されている株式分割などが挙げらているようだが、誰にもよう分からんというのが本当のところだろう。

S&P500指数への採用に関して言えば、一時的に膨大なパッシブフローが生じるのは目に見えているが、別にそれで長期的に業績(ひいては株価)がどうなるというものではない。René M. Stulz先生らの「Does Joining the S&P 500 Index Hurt Firms?」では、1997年から2017年の間にS&P500指数に組み入れられた銘柄を追跡し、採用発表による株価上昇は一時的なものであり、長期的な株価への影響はネガティブであるとしている。株式分割も同様に一時的な需給には影響を与えるだろうが、長期的なものではない。一時的な株価の上昇を当て込んでいる向きが多いのかもしれないが、この機に少し処分したいという株主も少なくはないだろうから、短期的なインパクトもどの程度になるかは分からない。

弱気の向きはバブルだと言い、強気の向きはまだまだと言う構図はまったく変わっていないが、何が適正価格か分からない状態では当然とも言える。アナリストの皆さんの目標株価も年初には300ドルくらいだったのが、今では1,200ドル程度になっていることからも、もはや「米粒と理屈はどこにでもくっつく」状態と言える。中には、「売り」の投資判断を転換する理由として、株価上昇によって資本調達コストが下がって、それが株価にポジティブやからとか、すごいことゆうてはる人もいる。

私も全然分からないが、ただ割高とか割安とか、他の自動車メーカーと比較してもケータイとスマホを比べるようなもので意味がないとは思っている。テスラはもともとコンピューターに道を走らせたようなもので、(EVであることと同時に)そこが本質的な部分だと思っているが、それは伝統的メーカーからすれば単なる電装の話のレベルを超えるものではなく、クルマの本質ではない。テスラはコンピューターなので、コンピューターにできることは普通にできて当たり前で、OTAとかコネクテッドとか特別に取り立てて言う話でないが、伝統的メーカーは、電装(ECU)を時間をかけて整理統合・アップグレードして、コネクテッドやらOTAやらセンサーによる運転’制御やらの機能を一つずつ後付けしていけば十分だと考えているように見える(そして、それが正しい可能性も十分にある)。

誰かさんがコンピューターを電話にしてみたおかげで、ケータイやらカメラの市場は破壊されてしまったが、コンピューターを自動車にしたところで大きく物事が変わるかどうかは、有力メーカーやグーグルやテスラなどのプレーヤーが今後出してくるもの次第だろう。クルマ市場が大きく変わらないのであればテスラの株価はバブルということだと思う。私は分からないので、今の水準で少し処分(単独銘柄の上限を大幅に超えてしまったので)した後は、面白そうな方の可能性にかけてホールドする。

Journal de deuil

ロラン・バルトの母であるアンリエット・バルトが亡くなったのは、1977年10月25日であった。ロラン・バルト自身はそのわずか約2年半後の1980年3月26日に亡くなっている。死の原因となったのは、その1カ月前の2月25日の交通事故だが、その事故も本当のところは自死を図ったものだったのではないかと当時から言われている。

Journal de deuil」はバルトがその母の死の翌日の1977年10月26日から自身の死の直前の1979年9月15日の間にメモ(カード)に書き留めていた断想あるいはテクストの断片をバルトの死後にナタリー・レジェが日記形式に編集したものでありその面では私のような一般読者にとってはキワモノに近いと言えるかもしれない

この本のことを想い出したのは、私の母が亡くなり、その約2年半後に自分がほぼ死にかける事故にあい、数カ月後に何とか回復して家に戻ってからのことだった。

自分の母の死は極めて衝撃的なことで、自分自身が事故にあって強制的に入院治療、そしてリハビリ病院でのリハビリ生活を強いられるまでは、語りかける相手を持たない苦痛の言葉の断片の中で生きているような状態だった。そして、今になってこの本を読み返すと、それらの言葉の特異性(悲痛さだけではなく)が極めて鮮明に理解できる。「Fragments d’un discours amoureux」が語られる場を持たない愛の言葉に場を与える試みであるならば、この本は語るべき相手が不在の喪のディスクールでもある。ただ、恋愛の言葉は不在の愛する者全般に投げかけることのできるものであるのに対して、喪の言葉は失われた唯一の者にのみに投げかけられる「永遠(ではないのだが)」に一回性のものである。

ところで、カルヴェは「Roland Barthes」の中でバルトを轢いたトラックの運転手の無意識について示唆しているが、バルトの無意識について(も)述べるべきだったろう。私は事故で死にかけたが自殺の意図は100%なく、それは100%事故であった。しかし、その事故は100%自分で引き寄せたものであったと(今は)言える。助かったのは全くの偶然(迷信深ければ、母が守ってくれた、とかいうことになるのであろうが)であったが、あの事故がなければ遅かれ早かれ別の理由(事故か病気)で死んでいたのではないかと思う。(ちなみに、私の母が亡くなったのは2016年の11月、私が事故にあったのは2019年の5月だった)